試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

平成29年(2017)年07月期 無線工学A A-10

平成29年(2017)年07月期 無線工学A A-10

A−10次の記述は、電源回路に用いるツェナー・ダイオード(DZ)に関して述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。なお、同じ記号の内には、同じ字句が入るものとする。(1)DZの定格には、ツェナー電圧、Aなどが規定されている。AによってDZに流せる電流が制限される。ABC(2)DZの逆方向特性は、ごくわずかの電流しか流れない飽和領域と、1許容ゲート損失飽和温度逆電流が急激に流れる降伏領域に分かれるが、定電圧素子として2許容ゲート損失降伏スイッチング利用されるのはB領域である。3許容電力損失降伏温度(3)一般に、ツェナー電圧が5〜6〔V〕以上のDZとシリコン・ダ4許容電力損失飽和温度イオードを直列に接続して、C特性を改善することができる。5許容電力損失飽和スイッチング

答え:3


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 平成31年(2019)年01月期 無線工学A A-10

  2. 平成27年(2015)年07月期 無線工学A A-10

  3. 平成26年(2014)年01月期 無線工学A A-10

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次