試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

平成31年(2019)年01月期 無線工学の基礎 A-03

平成31年(2019)年01月期 無線工学の基礎 A-03

A–3次の記述は、図に示すような平行平板コンデンサの電極間に働く力について述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。ただし、電極間の電界の強さは均一とする。(1)電極板に働く力をF〔N〕としたとき、Fによって電極板が微小区間Δd動くW1=A〔J〕と仮定すると、そのときの仕事量W1は次式で表される。(2)また、W1は、電極板がΔd動くことによってSΔdの体積の誘電体に蓄えらVΔdFεSdれていたエネルギーW2が変換されたものと考えられる。(3)W2は、W2=B〔J〕で表される。(4)W1=W2であるから、電極板に働く力Fは、次式で表される。F=C〔N〕S:電極の面積〔m2〕d:電極の間隔〔m〕ABCV:電極間に加える直流電圧〔V〕ε:電極間の誘電体の誘電率〔F/m〕1FΔd2ε1Vd2SΔd2ε1Vd2S2FΔd2εdV2SΔd2εdV2S3FΔd2εdV2SΔd2ε1Vd2S42FΔd2εdV2SΔd2εdV2S52FΔd2ε1Vd2SΔd2ε1Vd2S

答え:1


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 一陸技 令和2年(2020)年11月期2 無線工学の基礎 A-03

  2. 平成28年(2016)年01月期 無線工学の基礎 A-04

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次