試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

平成26年(2014)年01月期 無線工学の基礎 A-15

平成26年(2014)年01月期 無線工学の基礎 A-15

A–15次の記述は、図に示す増幅回路Fと帰還回路Gで構成した負帰還増幅回路の原理的構成例について述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。ただし、増幅回路Fの増幅度(Vo/Va)をAo、帰還回路Gの帰還率(Vf/Vo)をβとする。(1)負帰還増幅回路では、ViとVfの位相は逆位相で加わることから、Va=A〔V〕が成り立つ。(2)負帰還増幅回路の出力電圧Voは、Vo=B〔V〕である。(3)(1)及び(2)より、負帰還増幅回路の増幅度AF=Vo/Viは、βとAoで表すとAF=Cになる。負帰還増幅回路ABCViVaAoFVo1Vi-VfAoViAo/(1-βAo)2Vi-VfAoViAo/(1+βAo)345Vi-VfVo-VfVo-VfAoViAoVaAoVaAo/(1Ao/(1Ao/(1++-βAo)βAo)βAo)Vi:Vf:Va:Vo:増幅回路Fの入力電圧帰還回路Gの帰還電圧負帰還増幅回路の入力電圧負帰還増幅回路の出力電圧VfβGVo

答え:3


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 令和元年(2019)年07月期 無線工学の基礎 B-04

  2. 平成28年(2016)年01月期 無線工学の基礎 B-04

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次