試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

一陸技 令和3年(2021)年07月期1 無線工学A A-11

一陸技 令和3年(2021)年07月期1 無線工学A A-11

次の記述は、GPS(GlobalPositioningSystem)の測位誤差について述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。(1)GPSを利用した移動局の位置の測位は様々な要因により誤差が生じるが、このうちGPS衛星軌道誤差は、GPS衛星から航法メッセージの一部として放送されている軌道情報である放送暦(broadcastephemeris)等から計算した衛星位置と実際の衛星位置との誤差であり、視線方向(移動局とGPS衛星を結ぶ直線の方向)と直交する方向の誤差は、視線方向と比べて測位結果への影響がA。(2)測位精度等の指標として衛星配置等から求められるDOP(DilutionofPrecision:精度低下率)が用いられるが、一般的にDOPがB方が良好な測位精度が得られる。(3)測位精度を向上させる手法として、既知の地点(基準点)の測位誤差をもとに移動局の測位誤差を補正するDGPSが用いられている視線方向が、測位誤差の要因のうちマルチパスによる測位誤差はDGPSにより補正C。GPS衛星移動局

答え:5


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 一陸技 令和5年(2023)年07月期2 無線工学A A-02

  2. 一陸技 令和5年(2023)年07月期1 無線工学A B-03

  3. 一陸技 令和5年(2023)年01月期2 無線工学A B-03

  4. 一陸技 令和4年(2022)年07月期2 無線工学A B-02

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次