試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

一陸技 令和3年(2021)年07月期1 無線工学A A-01

一陸技 令和3年(2021)年07月期1 無線工学A A-01

次の記述は、移動通信システムで利用されているLTE(LongTermEvolution)と呼ばれる、我が国のシングルキャリア周波数分割多元接続(SC-FDMA)方式携帯無線通信のフレーム構成について述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。(1)図1に示すように、周波数方向に12本のOFDMサブキャリア12サブキャリア(=180〔kHz〕)、時間方向に7つのOFDMシンボルで構成されるブ180〔kHz〕ロックを、無線リソース割り当て単位であるRB(ResourceBlock)とした場合、OFDMサブキャリアの有効シンボル期間長Te(変調シ周波数ンボル長)は約A〔μs〕となる。RB(12サブキャリア(2)図2に示すように、CP(CyclicPrefix)と呼ばれるガードインタ×7シンボル)ーバルを付加した7つのOFDMシンボルを1スロットとすると、OFDMシンボル#1のガードインターバル期間長は約B〔μs〕1スロットとなる。ただし、基本時間単位Ts(Basictimeunit)とサブキャリ(7シンボル)ア間隔Δf〔Hz〕との間に、Ts=1/(2,048×Δf)〔s〕の関係があるものとする。(3)時間的に連続する2RBを1サブフレームとすると、1サブフレ時間図1ーム長はC〔ms〕となる1スロット(15,360Ts)160Ts2,048Ts144Ts2,048Ts144Ts2,048Ts144Ts2,048TsCPCPCP・・・CPOFDMOFDMOFDMOFDMシンボル#0シンボル#1シンボル#2シンボル#6図2

答え:4


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 一陸技 令和5年(2023)年01月期2 無線工学A A-03

  2. 一陸技 令和5年(2023)年01月期1 無線工学A A-02

  3. 一陸技 令和4年(2022)年07月期2 無線工学A A-01

  4. 一陸技 令和4年(2022)年01月期2 無線工学A A-03

  5. 一陸技 令和4年(2022)年01月期2 無線工学A A-01

  6. 一陸技 令和3年(2021)年07月期2 無線工学A B-05

  7. 一陸技 令和2年(2020)年11月期2 無線工学A A-03

  8. 一陸技 令和2年(2020)年11月期1 無線工学A A-01

  9. 令和2年(2020)年01月期 無線工学A B-05

  10. 令和元年(2019)年07月期 無線工学A A-01

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次