試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

令和元年(2019)年07月期 無線工学の基礎 A-20

令和元年(2019)年07月期 無線工学の基礎 A-20

A–20次の記述は、図に示す回路を用いて、絶縁物Mの体積抵抗率を測定する方法について述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。ただし、直流電流計Aaの内部抵抗は、Mの抵抗に比べて十分小さいものとする。(1)Mに円盤状の主電極Pm、対向電極Pp、高圧直流電源V〔V〕、直流電圧計Va及び直流電流計Aaを接続する。(2)Pmを取り囲むリング状の保護電極Gを設け、その端子gを図のAに接続する。(3)(2)のように端子gを接続するのは、Mの表面を流れる漏れ電流が、AaにBようにするためである。(4)Mに電圧を加えたとき、Vaの指示値をV〔V〕、Aaの指示値をI〔A〕とすると、Mの体積抵抗率ρは、ρ=C〔Ω・m〕で表される。ABC1端子b流れるIlVSa2端子b3端子b流れない流れないIlIl2VSVSS:Pmの面積〔m〕2V〔V〕MVaGPmPpAabSgGl4端子a流れるIl2VSl:Mの厚さ〔m〕5端子a流れないIlVS

答え:5


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 平成29年(2017)年01月期 無線工学の基礎 A-20

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次