試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

一陸技 令和4年(2022)年07月期1 無線工学A B-04

一陸技 令和4年(2022)年07月期1 無線工学A B-04

次の記述は、図に示すマイクロ波用サーミスタ電力計の動作原理について述べたものである。内に入れるべき字句を下の番号から選べ。ただし、サーミスタのマイクロ波における表皮効果及び直流電流計の内部抵抗は無視するとともに、導波管回路は整合がとれているものとする。(1)サーミスタ電力計は、ア程度までの電力の測定に適している。導波管(2)導波管に取り付けられ、直流ブリッジ回路の一辺を構成しているサーミスタマイクロ波の抵抗R1の値は、サーミスタに加わったマイクロ波電力及びブリッジの直流電流に応じて変化する。マイクロ波が加わらないとき、可変抵抗器流れる電流を調整してブリッジ回路の平衡をとる。このときの直流電流計の指VRによりR1にサーミスタR1AR2示値をI1〔A〕とすると、R1で消費される直流電力P1は、次式で表される。GP1=イ〔W〕・・・・・①(3)マイクロ波を加えると、その電力に応じてR1の値が変化しブリッジ回路の平R3R4衡がくずれるので、再びVRを調整して平衡をとる。このときの直流電流計の指示値をI2〔A〕とすると、R1で消費される直流電力P2は、次式で表される。VRP2=ウ〔W〕・・・・・②(4)式①及び②より、マイクロ波電力Pmは、次式で求められる。直流電源Pm=P1-P2=エ〔W〕・・・・・③(5)サーミスタは、周囲温度の影響を受けやすいので、適当な温度補償が必要でR1~R4:抵抗〔Ω〕ある。また、サーミスタと導波管系との結合などに不整合があると、オにVR:可変抵抗器〔Ω〕よる測定誤差を生ずる。G:検流計A:直流電流計6

答え:6,7,3,4,5


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 一陸技 令和3年(2021)年01月期1 無線工学A A-20

  2. 令和2年(2020)年01月期 無線工学A B-04

  3. 平成29年(2017)年07月期 無線工学A A-18

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次