試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

一陸技 令和4年(2022)年01月期2 無線工学A A-16

一陸技 令和4年(2022)年01月期2 無線工学A A-16

次の記述は、パルス符号変調(PCM)において標本化に関連する誤差について述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。ただし、標本化回路の入力信号の最高周波数をfO+Δf〔Hz〕、標本化周波数をfS〔Hz〕とする。(1)図は、標本化の操作における入力信号、標本化パルス及び標本化された入力信号のスペクトルをそれぞれ示したものである。この操作は入力信号を変調信号とし、標本化パルスを搬送波としたときの両者の積として振幅変調することに相当する。(2)fS〔Hz〕が2fO〔Hz〕のとき、標本化回路の入力信号の最高周波数がfO〔Hz〕を超えると標本化による変調作用によって生じた側帯波が重なりあってしまいAが生ずる。fO〔Hz〕を超える周波数成分が残っている場合、図3に示すよレベル周波数〔Hz〕うに、その残った周波数成分がfO〔Hz〕を中心としてB周波数の方へ見掛fOfO+Δfけ上、折り返された形となって、復調する際に、遮断周波数fO〔Hz〕の理想的な図10入力信号のスペクトル補間フィルタ(低域フィルタ(LPF))を通しても基本波部分のみを取り出すことが不可能となり、入力信号が完全に復元できなくなる。(3)また、標本化パルスが理想的なインパルスでなく有限のパルス幅を持つとき、受無限大で繰り返す信側でこれを理想的な低域フィルタ(LPF)を通しても入力信号が完全に復元できなレベルくなる。一般的にこの影響をアパーチャ効果とよんでいる。アパーチャ効果が生ず0fS2fS周波数〔Hz〕ると、標本化パルス列に含まれるアナログ信号のCが減衰する。図2標本化パルス(インパルス列)のスペクトルレベルまで無限大0fOfS2fS周波数〔Hz〕図3fS=2fOで標本化された入力信号のスペクトル(FA402-4)

答え:2


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 一陸技 令和5年(2023)年07月期2 無線工学A A-15

  2. 一陸技 令和3年(2021)年01月期1 無線工学A A-15

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次