試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

平成27年(2015)年01月期 無線工学の基礎 A-02

平成27年(2015)年01月期 無線工学の基礎 A-02

A-2図に示すように、環状鉄心Mの一部に空隙を設けたときの磁気抵抗の値として、最も近いものを下の番号から選べ。ただし、空隙のないときのMの磁気抵抗をRm〔H-1〕とする。また、Mの比透磁率μrを10,000、Mの平均磁路長lmを200〔mm〕、空隙長lgを1〔mm〕とし、磁気回路に漏れ磁束はないものとする。μrlm120Rm〔H-1〕231Rm〔H-1〕351Rm〔H-1〕コイルlg空隙471Rm〔H-1〕590Rm〔H-1〕M

答え:3


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 二陸技 令和3年(2021)年01月期 無線工学の基礎 A-02

  2. 平成30年(2018)年01月期 無線工学の基礎 A-04

  3. 平成29年(2017)年01月期 無線工学の基礎 A-03

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次