試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

二陸技 令和5年(2023)年01月期 無線工学A A-08

二陸技 令和5年(2023)年01月期 無線工学A A-08

次の記述は、AM(A3E)スーパヘテロダイン受信機において生ずることのある混変調について述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。なお、同じ記号の内には、同じ字句が入るものとする。(1)希望波と周波数が異なり、かつ、入力の強度が大きい妨害波が受信機の周波数変換部などに混入したとき、回路のAによって妨害波の信号波成分で希望波の搬送波が変調を受ける現象である。(2)希望波の搬送波がfd〔Hz〕、妨害波の搬送波がfu〔Hz〕、妨害波の信号波成分がfm〔Hz〕及び妨害波の側波帯成分がfu+fm〔Hz〕のとき、受信機のAによって3次ひずみによる混変調積が発生すると、次式で表される周波数成分を生ずる。fd-B+(fu+fm)-------①fd+B-(fu+fm)-------②fm式①の周波数成分であるfd+fm〔Hz〕及び②の周波数成分であるfd-fm〔Hz〕は、fdがfmで振幅変調されたときの上下の側波帯成分に等しいので、妨害を受ける。

答え:4


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 平成31年(2019)年01月期 無線工学A A-08

  2. 平成27年(2015)年01月期 無線工学A A-08

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次