試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

一陸技 令和2年(2020)年11月期2 無線工学B A-11

一陸技 令和2年(2020)年11月期2 無線工学B A-11

次の記述は、図に示す位相走査のフェーズドアレーアンテナについて述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。(1)平面上に複数の放射素子を並べて固定し、それぞれにデジタル移相器を設けて給電電流の位相を変化させて電波を放射し、放射された電波を合成した主ビームが空間のある範囲内の任意の方向に向くように制御されたアンテナである。デジタル移相器は、0から2πまでの位相角を2n(n=1,2,・・・)分の1に等分割しているので、最小設定可能な位相角は2π/2n〔rad〕となり、励振位相は、最大A〔rad〕の量子化位相誤差を生ずることになる。(2)この量子化位相誤差がアンテナの開口分布に周期的に生ずると、比較的高いレベルのBが生じ、これを低減するには、デジタル移相器のビット数をできるだけCする。1次放射器・・・・・・・・・受信素子放射素子デジタル移相器

答え:1


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 一陸技 令和5年(2023)年07月期1 無線工学B A-13

  2. 一陸技 令和3年(2021)年07月期1 無線工学B A-11

  3. 平成31年(2019)年01月期 無線工学B A-13

  4. 平成29年(2017)年01月期 無線工学B A-12

  5. 平成27年(2015)年07月期 無線工学B A-13

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次