試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

平成28年(2016)年01月期 無線工学B B-05

平成28年(2016)年01月期 無線工学B B-05

B-5次の記述は、図に示すようにアンテナに接続された給電線上の電圧定在波比(VSWR)を測定することにより、アンテナの動作利得を求める過程について述べたものである。内に入れるべき字句を下の番号から選べ。ただし、アンテナの利得を(真数)、入力インピーダンスを〔Ω〕とする。また、信号源と給電線は整合がとれているものとし、給電線は無損失とする。(1)給電線上の任意の点から信号源側を見たインピーダンスは常に0〔Ω〕である。アンテナ側を見たインピーダンスが最大値〔Ω〕となる点では、アンテナに伝送される電力tは、次式で表される。t=ア〔W〕・・・・・・・・・①(2)VSWRをとすると、=0であるから、式①は、信号源給電線アンテナ次式で表される。t=イアンテナと給電線が整合しているときのtを0とすれば、〔W〕・・・・・・・・・②0~00式②から0は、次式で表される。0=ウ〔W〕・・・・・・・・③0:信号源の起電力(3)アンテナと給電線が整合していないために生ずる反射給電線の特性インピーダンス0:信号源の内部インピーダンス及び損Mは、式②と③から次式となる。M=0=エ・・・・・・・④(4)アンテナの動作利得(真数)の定義と式④から、は次式で与えられる。=オしたがって、VSWRを測定することにより、を求めることができる。1(00)20(+)03004005(+)6(+)70(+)08(0+0)9(+)10(+)

答え:8,2,4,6,10


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 令和2年(2020)年01月期 無線工学B A-19

  2. 平成30年(2018)年01月期 無線工学B B-05

  3. 平成29年(2017)年01月期 無線工学B A-18

  4. 平成27年(2015)年07月期 無線工学B A-19

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次