試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

一陸技 令和5年(2023)年07月期2 無線工学A A-13

一陸技 令和5年(2023)年07月期2 無線工学A A-13

次の記述は、対地静止衛星を用いた通信システムの多元接続方式について述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。(1)時分割多元接続(TDMA)方式は、時間を分割して各地球局に回線を割り当てる方式である。各地球局から送られる送信信号が衛星上で重ならないように、各地球局のAを制御する必要がある。(2)周波数分割多元接続(FDMA)方式は、周波数を分割して各地球局に回線を割り当てる方式である。送信地球局では、割り当てられた周波数を用いて信号を伝送するので、通常、隣接するチャネル間の干渉が生じないように、Bを設ける。(3)符号分割多元接続(CDMA)方式は、同じ周波数帯を用いて各地球局に特定の符号列を割り当てる方式である。送信地球局では、この割り当てられた符号列で変調し、送信する。受信地球局では、送信側とC符号列で受信信号との相関をとり、自局向けの信号を取り出す。

答え:2


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 一陸技 令和4年(2022)年07月期1 無線工学A A-16

  2. 一陸技 令和4年(2022)年01月期1 無線工学A B-01

  3. 一陸技 令和2年(2020)年11月期2 無線工学A A-13

  4. 令和2年(2020)年01月期 無線工学A A-14

  5. 平成31年(2019)年01月期 無線工学A B-01

  6. 平成27年(2015)年07月期 無線工学A A-14

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次