試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

一陸技 令和4年(2022)年07月期2 無線工学A A-04

一陸技 令和4年(2022)年07月期2 無線工学A A-04

次の記述は、図に示す構成例によるデジタル処理型のAM(A3E)送信機の動作原理について述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。ただし、PA-1~PA-23は、それぞれ同一の電力増幅器(PA)であり、100%変調時には、全てのPAが動作するものとし、D/A変換の役目をする電力加算部、帯域フィルタ(BPF)は、理想的に動作するものとする。また、搬送波を波形整形した矩形波の励振入力が加えられた各PAは、デジタル信号のビット情報により制御されるものであり、MSBは最上位ビット、LSBは最下位ビットである。なお、同じ記号の内には、同じ字句が入るものとする。(1)入力の音声信号に印加される直流成分は、無変調時のAを決定する。(2)直流成分が印加された音声信号は、12ビットのデジタル信号に変換され、おおまかな振幅情報を表すB側の4ビットと細かい振幅情報を表すC側の8ビットに分けられる。B側の4ビットは、エンコーダにより符号変換され、PA-1~PA-15に供給される。C側の8ビットは、符号変換しないでPA-16~PA-23に供給される。(3)PA-16~PA-23の出力は、図に示すように電力加算部のトランスの巻線比を変えてPAの負荷インピーダンスを変化させることにより、それぞれ1/2、1/4、1/8、1/16、1/32、1/64、1/128、1/256に重み付けされ、電力加算部でPA-1~PA-15の出力と合わせて電力加算される。その加算された出力は、BPFを通すことにより、振幅変調(A3E)B側4ビット電力加算部された送信出力となる。入力12ビット(4)を800〔W〕とした場合、PA-1~送信出力における無変調時の搬送波出力電力PA-15それぞ音声信号+A/D変換器PA-1PA-2N:1N:1送信出力れが分担する100%変調時の尖頭(ピーク)電力直流成分エンコーダN:1は、約D〔W〕となる。PA-15N:1帯域フィルタPA-16C側8ビット2N:1PA-174N:1(BPF)エンコーダ:入力の4ビットデータの内容により、制御(動作)するPAを定める役PA-23目をする。例えば、4ビットデ―タが256N:1N:巻数0001であればPA-1を動作、0010であればPA-1とPA-2を動作、・・・、1111PA-1~PA-23:スイッチング型であればPA-1~PA-15を動作させる。電力増幅器

答え:4


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 一陸技 令和2年(2020)年11月期1 無線工学A B-05

  2. 平成29年(2017)年07月期 無線工学A B-05

  3. 平成27年(2015)年01月期 無線工学A A-03

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次