試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

一陸技 令和4年(2022)年01月期2 無線工学A A-11

一陸技 令和4年(2022)年01月期2 無線工学A A-11

次の記述は、レーダーに用いられるパルス圧縮技術の原理について述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。なお、同じ記号の内には、同じ字句が入るものとする。(1)線形周波数変調(チャープ)方式によるパルス圧縮技術は、送信時に送信パルス幅T〔s〕の中で周波数を、f1〔Hz〕からf2〔Hz〕まで直線的にΔf〔Hz〕変化(周波数変調)させて送信する。反射波の受信では、遅延時間の周波数特性が送信時の周波数変化Δf〔Hz〕とAの特性を持ったフィルタを通して、パルス幅が狭く、かつ大きな振幅の受信出力を得る。(2)このパルス圧縮処理により、受信波形のパルス幅がT〔s〕から1/Δf〔s〕に圧縮され、尖頭値の振幅はB倍になる。(3)尖頭送信電力に制約のあるパルスレーダーにおいて、探知距離を増大するには送信パルス幅をCくする必要があり、他方、距離分解能を向上させるためには送信パルス幅をDくする必要がある。これらは相矛盾するものであるが、パルス圧縮技術により、パルス幅がCく、かつ、低い送信電力のパルスを用いても、大電力でDいパルスを送信した場合と同じ効果を得ることができる。

答え:2


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 一陸技 令和5年(2023)年01月期1 無線工学A A-12

  2. 一陸技 令和2年(2020)年11月期1 無線工学A A-10

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次