試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

平成29年(2017)年07月期 無線工学A A-14

平成29年(2017)年07月期 無線工学A A-14

A−14次の記述は、衛星通信システムに用いられる時分割多元接続(TDMA)方式について述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。(1)衛星に搭載した一つの中継器を複数の地球局が時分割で使用ABCするため、Aの時間幅のフレームを分割したスロットを各1任意インターリーブ送信タイミング地球局に割り当てる。2任意バースト周波数(2)地球局は、Bと呼ばれる自局の信号を与えられたスロッ3一定インターリーブ周波数トの時間内に収めて送出する。4一定インターリーブ送信タイミング(3)各地球局から送られる送信信号が衛星上で重ならないよう5一定バースト送信タイミングに、各地球局のCを制御する必要がある。

答え:5


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 平成26年(2014)年07月期 無線工学A A-14

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次