試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

平成26年(2014)年01月期 法規 A-12

平成26年(2014)年01月期 法規 A-12

A-12無線局の運用に関する次の記述のうち、無線局がなるべく擬似空中線回路を使用しなければならないときに該当しないものはどれか。電波法(第57条)の規定に照らし、下の1から4までのうちから一つ選べ。1実験等無線局を運用するとき。2固定局の無線設備の機器の調整を行うために運用するとき。3基幹放送局の無線設備の機器の試験を行うために運用するとき。4総合通信局長(沖縄総合通信事務所長を含む。)が行う無線局の検査のために無線局を運用するとき。

答え:4


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 令和元年(2019)年07月期 法規 A-12

  2. 平成29年(2017)年01月期 法規 A-11

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次