試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

平成27年(2015)年01月期 無線工学A A-20

平成27年(2015)年01月期 無線工学A A-20

A-20次の記述は、デジタル伝送方式において、パルスの品質を評価するアイパターンの測定について述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。ただし、アイパターンは、図に示すように識別直前のパルス波形をパルス繰返し周波数(クロック周波数)に同期してオシロスコープ上に描かせたものであり、その波形には、雑音や波形ひずみ等により影響を受けた起こり得るすべての波形が重畳されているものである。アイパターンを観測することにより受信信号の雑音に対する余裕度がわかる。すなわち、アイパターンにおける縦のアイの開き(アイアパーチャ)は識別におけるAに対する余裕を表し、アイパターンの横の開きはB信号の統計的なゆらぎ(ジッタ)等による識別タイミングの劣化に対する余裕を表す。したがって、アイの開き具合を示すアイ開口率が小さくなると、符号誤り率がCなる。アイの縦の開き(アイアパーチャ)ABC1信号ドット小さく2信号クロック小さく3雑音ドット大きく4雑音クロック大きくアイの横の開き5雑音ドット小さく識別時刻

答え:4


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 二陸技 令和5年(2023)年01月期 無線工学A B-04

  2. 二陸技 令和2年(2020)年11月期 無線工学A B-03

  3. 平成30年(2018)年01月期 無線工学A A-19

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次