試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

一陸技 令和5年(2023)年01月期2 無線工学の基礎 A-12

一陸技 令和5年(2023)年01月期2 無線工学の基礎 A-12

図に示すN形半導体の両端に8〔V〕の直流電圧を加えたときに流れる電流Iの値として最も近いものを下の番号から選べ。ただし、電流Iは自由電子の移動によってのみ生ずるものとする。また、自由電子の定数及びN形半導体の形状は表に示す値とする。l213〔mA〕自由電子密度σ=1×10〔個/m〕〔mA〕N形半導体の定数電荷e=-1.6×10-19〔C〕〔mA〕S移動度μ=0.2〔m2/(V・s)〕〔mA〕〔mA〕I自由電子Nの形状形半導体長さ断面積lS=2×10=-22×10〔m〕-6〔m2〕8〔V〕

答え:1


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 一陸技 令和5年(2023)年07月期2 無線工学の基礎 A-07

  2. 一陸技 令和5年(2023)年07月期1 無線工学の基礎 B-02

  3. 一陸技 令和5年(2023)年07月期1 無線工学の基礎 A-19

  4. 一陸技 令和5年(2023)年07月期1 無線工学の基礎 A-10

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次