試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

一陸技 令和5年(2023)年01月期2 無線工学の基礎 A-11

一陸技 令和5年(2023)年01月期2 無線工学の基礎 A-11

次の記述は、マイクロ波の回路に用いられる電子管及び半導体素子について述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。(1)強い直流電界とその電界とAの作用を利用し、発振出力が大きなマイクロ波を発振する電子管は、マグネトロンである。(2)界磁コイル内に置かれたBを利用し、広帯域のマイクロ波を増幅する電子管は、進行波管である。(3)逆方向電圧を加えたときのPN接合のCを利用し、マイクロ波の周波数逓倍などに用いることができるのは、バラクタダイオードである。

答え:2


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 令和2年(2020)年01月期 無線工学の基礎 A-12

  2. 平成29年(2017)年01月期 無線工学の基礎 A-12

  3. 平成27年(2015)年07月期 無線工学の基礎 A-12

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次