試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

一陸技 令和5年(2023)年07月期2 無線工学A A-20

一陸技 令和5年(2023)年07月期2 無線工学A A-20

次の記述は、FFTアナライザについて述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。(1)一般的に、周波数分解能を高くするためには、時間分解能をA必要がある。(2)被測定信号から適切に信号を切り取り、リーケージ誤差(漏れ誤差)を減少させるため、適切なBを用いる。(3)連続した時間軸波形から一定のデータ列を切り取る時間の長さである時間窓長T〔s〕は、時間窓でのFFTのサンプリング点数Nとサンプリング周期Δt〔s〕で決定され、T=C〔s〕の関係がある。(FA508-6)

答え:4


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 一陸技 令和5年(2023)年07月期1 無線工学A A-01

  2. 一陸技 令和4年(2022)年07月期2 無線工学A A-20

  3. 一陸技 令和4年(2022)年07月期2 無線工学A A-04

  4. 一陸技 令和2年(2020)年11月期1 無線工学A B-05

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次