試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

一陸技 令和5年(2023)年07月期2 無線工学A A-06

一陸技 令和5年(2023)年07月期2 無線工学A A-06

次の記述は、BPSK変調信号stに雑音(加法的白色ガウス雑音)が付加された受信信号rtを図の復調器構成によって同期検波したときの原理的な動作について述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。ただし、基準搬送波ptをpt2cosωctとする。なお、同じ記号の内には、同じ字句が入るものとする。(1)受信機で帯域制限された搬送波周波数帯における雑音ntは、その同相、直交成分をそれぞれnt、ntとすると、狭帯域雑音として次式で表される。ntnt×A+nt×B(2)BPSKのデータ値によってatが±1の値をとり、搬送波の角周波数をωc〔rad/s〕とすると、stは、statcosωctで表せるものとして、stにntが付加された受信信号rtとptを乗積した信号rtは、次式で表される。rtrtptstntpt{C}×1cos2ωctntsin2ωct(3)rtは、rtから低域フィルタ(LPF)によって2倍の周波数成分が除去された信号であり、次式で表される。rtCntntrt乗算器nntt受信信号ptrtLPFrt判定復調出力ntntシンボルクロックnt/2nt/2搬送波再生

答え:2


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 一陸技 令和4年(2022)年01月期2 無線工学A A-06

  2. 一陸技 令和3年(2021)年01月期2 無線工学A A-06

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次