試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

一陸技 令和4年(2022)年01月期2 無線工学A B-01

一陸技 令和4年(2022)年01月期2 無線工学A B-01

次の記述は、衛星通信に用いるSCPC方式について述べたものである。内に入れるべき字句を下の番号から選べ。(1)SCPC方式は、送出する一つのチャネルに対してアの搬送波を割り当て、一つの中継器の帯域内に複数の異なる周波数の搬送波を等間隔に並べる方式で、イ多元接続方式の一つである。(2)要求割当て(デマンドアサインメント)方式は、固定割当て(プリアサインメント)方式に比べて、通信容量がウ多数の地球局が衛星の中継器を共同使用する場合、回線の利用効率が高い。(3)ボイスアクティベーションは、エ期間だけ無線周波信号を送信する方式であり、オさせることができる。

答え:6,1,9,3,5


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 一陸技 令和4年(2022)年07月期2 無線工学A A-13

  2. 一陸技 令和3年(2021)年01月期2 無線工学A A-11

  3. 平成29年(2017)年01月期 無線工学A B-01

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次