試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

一陸技 令和4年(2022)年01月期2 無線工学A A-20

一陸技 令和4年(2022)年01月期2 無線工学A A-20

次の記述は、図に示す方向性結合器を用いた無線設備の空中線電力の測定に伴う空中線の電圧定在波比(VSWR)の測定過程における進行波の電圧ef及び進行波の電力pfについて述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。ただし、ここでの方向性結合器の校正値(結合減衰量の大きさ)k〔dB〕は、端子a及びb側の出力を終端電圧、端子c及びd側の出力を開放電圧としたときの送信機の周波数に対する値とする。また、方向性結合器と送信機、給電線及び測定器は整合しており、方向性結合器や接続ケーブル類の挿入損失は無く、アイソレーション特性は理想的なものとする。なお、同じ記号の内には、同じ字句が入るものとする。(1)方向性結合器の端子aまたは端子bに入力された信号は、それぞれ端子bまたは端子aへ出力され、端子cには端子aに入力された信号の振幅にAした電圧が生じ、端子dには端子bに入力された信号の振幅にAした電圧が生じる。(2)端子cに、開放電圧表示の測定器に替えて、終端電圧表示のスペクトルアナライザを接続して進行波電圧ef〔dBμV〕を求める場合、スペクトルアナライザの終端電圧表示値をEf〔dBμV〕とすると、efは次式から求められる。ef=Ef+k+B〔dBμV〕-----①(3)進行波電力pf〔dBm〕を求める場合、スペクトルアナライザの電力表示値をPf〔dBm〕とすると、pfは次式から求められる。pf=Pf+k+C〔dBm〕------②送信機給電線a方向性結合器befpf空中線EfPfc校正値kd測定器測定器

答え:2


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 一陸技 令和5年(2023)年07月期2 無線工学A B-03

  2. 一陸技 令和5年(2023)年01月期2 無線工学A A-20

  3. 一陸技 令和5年(2023)年01月期2 無線工学A A-16

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次