試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

平成29年(2017)年07月期 無線工学A A-20

平成29年(2017)年07月期 無線工学A A-20

A−20図1に示す被測定増幅器に方形波信号を加え、その出力をオシロスコープで観測したところ、図2に示すような測定結果が得られた。この被測定増幅器の高域遮断周波数の値として、最も近いものを下の番号から選べ。ただし、入力波形は理想的な方形波とする。また、被測定増幅器の高域における周波数特性は6〔dB/oct〕で減衰し、低域遮断周波数は入力信号の最低周波数より十分低く、パルス頂部の傾斜(サグ)は発生しないものとする。パルス被測定オシロ発生器増幅器スコープ圧電0.5方形波信号〔V〕00.1〔V〕0‑0.50.63〔V〕時間〔s〕50〔ns〕1〔μs〕図1図21〔MHz〕2〔MHz〕3〔MHz〕4〔MHz〕5〔MHz〕

答え:2


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

    類似問題を見つけられませんでした。

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次