試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

平成29年(2017)年07月期 無線工学A A-03

平成29年(2017)年07月期 無線工学A A-03

A−3次の記述は、図1に示すQPSK(4PSK)変調器の原理的な構成例について述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。ただし、入力の搬送波は、振幅を、角周波数をωとすると、cosωt〔V〕で表され、π/2移相器は、入力の搬送波の位相をπ/2〔rad〕遅延させるものとする。また、2値符号(t)及び(t)は、それぞれ符号が0のとき0、1のとき1の値をとり、(t)及び(t)は、と同期しているものとする。(1)BPSK変調器1の出力は、cos{ωt+π(t)}〔V〕で表され、BPSK変調器2の出力は、次式で表される。=cos{A+π(t)}〔V〕(2)及びを合成(加算)すると、(t)の値が1、(t)の値が0のときの出力のQPSK波のベクトルは、図2のBで表され、(t)及び(t)の値が共に0のときの出力のQPSK波のベクトルは、図2のCで表される。ただし、のベクトルは、同相軸上にあるものとする。2値符号(t)ABC直交軸1ωt+π/2②①BPSK②①2ωt+π/2①③搬送波変調器13ωt-π/2②③分配器QPSK波4ωt-π/2①②同相軸5ωt-π/2③④π/2BPSK移相器変調器2③④図12値符号(t)図2

答え:5


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 平成27年(2015)年07月期 無線工学A A-02

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次