試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

二陸技 令和2年(2020)年11月期 無線工学B A-18

二陸技 令和2年(2020)年11月期 無線工学B A-18

次の記述は、無損失の平行二線式給電線に接続されたアンテナの入力抵抗を測定する原理について述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。(1)給電線の特性インピーダンスをZ0〔Ω〕、アンテナの入力抵抗をR〔Ω〕とすれば、Z0とRが等しくないと給電線上に定在波が生ずる。このときのアンテナの給電点における定在波電圧は、Aであれば電圧最小(波節)、Z0とRの大小関係が逆であれば電圧最大(波腹)となる。(2)電圧定在波比Sは、給電点における反射係数をΓ、波腹の電圧をVmax〔V〕、波節の電圧をVmin〔V〕とすれば、次式で与えられる。S=VVmaxmin=Bただし、|Γ|=R−ZR+Z00(Z0<R)又は|Γ|=Z0R+Z−R0(Z0>R)とする。(3)給電点の定在波電圧が波腹か波節かを確かめた後、VmaxとVminを測定して、Rを次式により求める。R=Z0×C〔Ω〕(Z0<R)R=Z0×D〔Ω〕(Z0>R)⁄Vmin⁄Vmax⁄Vmin⁄Vmax⁄Vmin

答え:2


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 令和2年(2020)年01月期 無線工学B A-20

  2. 平成30年(2018)年01月期 無線工学B A-20

  3. 平成30年(2018)年01月期 無線工学B A-18

  4. 平成28年(2016)年07月期 無線工学B A-20

  5. 平成27年(2015)年01月期 無線工学B A-18

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次