試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

二陸技 令和2年(2020)年11月期 無線工学B A-17

二陸技 令和2年(2020)年11月期 無線工学B A-17

次の記述は、SHF帯やEHF帯の電波の伝搬について述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。(1)晴天時の大気ガスによる電波の共鳴吸収は、主に酸素及び水蒸気分子によるものであり、100〔GHz〕以下の周波数では、A〔GHz〕付近に水蒸気分子の共鳴周波数が、60〔GHz〕付近に酸素分子の共鳴周波数がある。(2)降雨による減衰は、雨滴によるBと散乱で生じ、概ね10〔GHz〕以上で顕著になる。(3)互いに直交する偏波を用いる多重通信では、降雨時にCが原因となる両偏波間の結合が生じ、混信を生ずることがある。

答え:4


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 二陸技 令和5年(2023)年07月期 無線工学B B-04

  2. 二陸技 令和4年(2022)年01月期 無線工学B A-16

  3. 二陸技 令和3年(2021)年01月期 無線工学B B-04

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次