試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

二陸技 令和3年(2021)年07月期 無線工学A B-01

二陸技 令和3年(2021)年07月期 無線工学A B-01

次の記述は、図に示すFFTアナライザの原理的な構成例について述べたものである。内に入れるべき字句を下の番号から選べ。なお、同じ記号の内には、同じ字句が入るものとする。被測定信号(アナログ信号)アA-D変換器FFT演算器表示部(1)A-D変換器は、アを通過した被測定信号(アナログ信号)をA-D変換してデジタルデータに置き換える。(2)A-D変換器の出力であるデジタルデータは、FFT演算器で演算処理(高速フーリエ変換(FFT))されてイのデータに変換され表示部に表示される。(3)FFTアナライザは、被測定信号に含まれる周波数、振幅、位相の三要素をとらえることがウ。(4)アを通過した被測定信号(A-D変換器の入力信号)を忠実に表示するためには、理論的に、A-D変換器のサンプリング周波数を、被測定信号成分の最高周波数のエより高い周波数とする。(5)アは、A-D変換器においてサンプリング時に発生する可能性のあるオを防止する。<<<5>>>

答え:3,5,6,7,4


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 二陸技 令和5年(2023)年07月期 無線工学A B-03

  2. 二陸技 令和5年(2023)年01月期 無線工学A A-20

  3. 二陸技 令和4年(2022)年07月期 無線工学A B-01

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次