試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

平成31年(2019)年01月期 無線工学A A-17

平成31年(2019)年01月期 無線工学A A-17

A−17次の記述は、400〔MHz〕帯F3E送信設備のスプリアス発射及び不要発射の強度の測定値と、表に示す法令等による許容値との関係等について述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。ただし、表中の基本周波数の平均電力及び基本周波数の搬送波電力は、当該送信設備の空中線電力の値と等しいものとする。(1)表の許容値が適用される空中線電力50〔W〕の送信設備について、帯域外領域におけるスプリアス発射の強度が50〔μW〕のスプリアス発射を測定した。この場合、当該スプリアス発射の強度の値は、許容値A。(2)また、同送信設備について、スプリアス領域における不要発射の強度が10〔μW〕の不要発射を測定した。この場合、当該不要発射の強度の値は、許容値B。(3)(2)のスプリアス領域における不要発射の強度は、参照帯域幅の範囲にC不要発射の電力を積分した値である。ABC許容値帯域外領域におけるスプリアス領域にお1を超えているを超えている含まれる基本空中線スプリアス発射の強ける不要発射の強度2を超えている以下である含まれる周波数帯電力度の許容値の許容値34以下である以下である以下である以下である含まれる含まれないを超え470〔MHz〕335.4〔MHz〕を超えるもの25〔W〕1〔mW〕以下であり、均電力より70〔dB〕かつ、基本周波数の平い値基本周波数の搬送波電力より70〔dB〕低5以下であるを超えている含まれない以下低い値

答え:1


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 二陸技 令和4年(2022)年01月期 無線工学A A-18

  2. 平成28年(2016)年07月期 無線工学A A-17

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次