試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

平成31年(2019)年01月期 無線工学A A-09

平成31年(2019)年01月期 無線工学A A-09

A−9次の記述は、高周波増幅器の雑音指数について述べたものである。このうち誤っているものを下の番号から選べ。ただし、高周波増幅器の入力端における信号の有能電力Si〔W〕と雑音の有能電力Ni〔W〕との比をSi/Ni、出力端における信号の有能電力SO〔W〕と雑音の有能電力NO〔W〕との比をSO/NOとする。1有能電力とは、回路から取り出すことのできる最大の電力をいう。2高周波増幅器の有能電力利得G(真数)は、SO/Siで表される。3雑音指数は、Si/Ni及びSO/NOを用いて(Si/Ni)/(SO/NO)で表される。4高周波増幅器の有能電力利得G(真数)、ボルツマン定数k〔J/K〕、周囲温度T〔K〕及び高周波増幅器の等価雑音帯域幅B〔Hz〕とすると雑音指数は、GkTB/NOより求められる。5高周波増幅器に内部雑音が生ずると、SO/NOの値はSi/Niの値より小さくなる。(GA101‑2)

答え:4


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 二陸技 令和3年(2021)年07月期 無線工学A A-07

  2. 平成29年(2017)年01月期 無線工学A A-09

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次