試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

平成27年(2015)年01月期 無線工学A A-15

平成27年(2015)年01月期 無線工学A A-15

A-15次の記述は、アナログ移動通信方式と比較したときのデジタル移動通信方式の特徴について述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。(1)雑音や干渉に強く、場合によってはAで誤りの訂正ができる。ABCこのことは、同一周波数を互いに地理的に離れた場所で繰り返し使用1受信側できる容易する度合いを高めることに有効であり、周波数の有効利用につながる。2受信側できない容易(2)同一の無線チャネルで複数の情報を時間的に多重化B。3受信側できる困難(3)通信の秘匿や認証などのセキュリティの確保がCとなる。4送信側5送信側できるできない容易困難

答え:1


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 令和2年(2020)年01月期 無線工学A A-16

  2. 平成29年(2017)年07月期 無線工学A A-15

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次