試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

平成26年(2014)年07月期 無線工学の基礎 A-02

平成26年(2014)年07月期 無線工学の基礎 A-02

A–2次の記述は、図に示すような円筒に、同一方向に巻かれた二つのコイルX及びYの合成インダクタンス及びXY間の相互インダクタンスについて述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。(1)端子bと端子dを接続したとき、二つのコイルはA接続となる。このとき、端子ac間の合成インダクタンスLacは、XY間の相互インダクタンスをM〔H〕とすると、次式で表される。Lac=B〔H〕(2)端子bと端子cを接続したときの端子ad間の合成インダクタンスをLadとすると、LadとLacからMは次式で表される。M=(Lad-Lac)/C〔H〕ABCL1ML21差動L1+L2-2M42差動L1+L2-2M23差動L1-L2+2M44和動L1+L2+2M2L1:Xの自己インダクタンス〔H〕XY5和動L1+L2+2M4L2:Yの自己インダクタンス〔H〕abcd

答え:1


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 平成30年(2018)年07月期 無線工学の基礎 A-04

  2. 平成28年(2016)年01月期 無線工学の基礎 A-02

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次