試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

平成26年(2014)年01月期 無線工学B A-14

平成26年(2014)年01月期 無線工学B A-14

A-14次の記述は、中波(MF)帯及び短波(HF)帯の電波の伝搬について述べたものである。このうち誤っているものを下の番号から選べ。1MF帯のE層反射波は、日中はほとんど使えないが、夜間はD層の消滅により数千キロメートル伝搬することがある。2MF帯の地表波の伝搬損は、水平偏波の場合の方が垂直偏波の場合より大きい。3MF帯の地表波は、伝搬路が海上の場合よりも陸上の場合の方が遠方まで伝搬する。4HF帯では、電離層の臨界周波数などの影響を受け、その伝搬特性は時間帯などによって大きく変化する。5HF帯では、MF帯に比べて、磁気嵐やデリンジャー現象などの異常現象の影響を受けやすい。

答え:3


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 平成30年(2018)年01月期 無線工学B A-14

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次