試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

平成26年(2014)年01月期 無線工学B A-16

平成26年(2014)年01月期 無線工学B A-16

A-16次の記述は、等価地球半径係数kに起因するk形フェージングについて述べたものである。このうち誤っているものを下の番号から選べ。1k形フェージングは、kが時間的に変化し、伝搬波に対する大地(海面)の影響が変化することによって生ずる。2干渉k形フェージングは、kの変動により直接波と大地(海面)反射波の干渉状態が変化することによって生ずる。3干渉k形フェージングによる電界強度の変化は、反射点が大地であるときの方が海面であるときより小さい。4回折k形フェージングは、電波通路と大地(海面)のクリアランスが不十分で、かつ、kが小さくなったとき、大地(海面)の回折損を受けて生ずる。5回折k形フェージングの周期は、干渉k形フェージングの周期に比べて短い。

答え:5


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 平成28年(2016)年07月期 無線工学B A-15

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次