試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

令和2年(2020)年01月期 無線工学A A-18

令和2年(2020)年01月期 無線工学A A-18

A-18次の記述は、法令等に基づく無線局の送信設備の「スプリアス発射の強度」及び「不要発射の強度」の測定について、図を基にして述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。なお、同じ記号の内には、同じ字句が入るものとする。(1)「A領域におけるスプリアス発射の強度」の測定は、無変調状態において、A領域におけるスプリアス発射の強度を測定し、その測定値が許容値内であることを確認する。(2)「B領域における不要発射の強度」の測定は、C状態において、中心周波数fc〔Hz〕から必要周波数帯幅BN〔Hz〕の±250〔%〕離れた周波数を境界としたB領域における不要発射の強度を測定し、その測定値が許容値内であることを確認する。この測定では、C状態において、不要発射が周波数軸上に広がって出てくる可能性がDことから、許容値を規定するための参照帯域幅の範囲内に含まれる不要発射の電力を積分した値を測定するこことされている。ABCD発射の強度BN1帯域外スプリアス変調ある帯域外領域帯域外領域2帯域外スプリアス無変調ないスプリアス領域スプリアス領域3スプリアス帯域外無変調ある4スプリアス帯域外無変調ないfc-2.5BNfcfc+2.5BN周波数軸5スプリアス帯域外変調ない帯域外領域の境界(イメージ図)必要周波数帯幅BN及びスプリアス領域と

答え:1


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 平成30年(2018)年01月期 無線工学A B-04

  2. 平成28年(2016)年07月期 無線工学A A-17

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次