試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

令和2年(2020)年01月期 無線工学A A-17

令和2年(2020)年01月期 無線工学A A-17

A-17次の記述は、図に示すベクトルネットワークアナライザ(VNA)を用いた増幅回路のリターン・ロスR〔dB〕及び利得G〔dB〕の測定の原理について述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。(1)図に示すVNAのポート1から増幅回路の入力端へ及びポート2から出力端へ入る信号をそれぞれa及びaとし、入力端からポート1へ及び出力端からポート2へ出る信号をそれぞれb及びbとすると、これらの信号の関係は、Sパラメータを用いて次式で表される。b2b1=11SS21S22S12aa-----①(2)①式からa=0のときS=Aである。VNAで測定したS(複素数表示)がS=ujvで表されるとき、R〔dB〕は、次式で表される。R=-20log10√uv〔dB〕Rの値は、aの大きさに対してbの大きさが小さくなるほどBなる。(3)①式からa=0のときS=Cである。VNAで測定したS(複素数表示)がS=ujvで表されるとき、G〔dB〕は、次式で表される。G=20log10√uv〔dB〕入力端出力端ABC21bb/a/a大きく小さくbb/a/aポート1ab増幅回路baポート23a/b大きくb/a4a/b小さくa/b5a/b大きくa/bベクトルネットワークアナライザ(VNA)(FA201-4)

答え:1


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

    類似問題を見つけられませんでした。

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次