試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

令和2年(2020)年01月期 無線工学A A-01

令和2年(2020)年01月期 無線工学A A-01

A-1次の記述は、我が国の地上系デジタル放送の標準方式(ISDB-T)に用いられている離散コサイン変換(DCT)及び画像信号のデータ圧縮の原理について述べたものである。このうち誤っているものを下の番号から選べ。1画像信号は、最初に8画素四方(8×8画素)のブロックに分割される。22次元DCTでは、分割された画像信号のブロックを周波数成分毎に64種類の基本パターンに分解し、それぞれの周波数成分(DCT係数)を求める。3一般的に、2次元DCTで変換した周波数成分(DCT係数)は、高い周波数成分が圧倒的に多く、低い周波数成分はごく少なくなる。42次元DCTで変換した周波数成分(DCT係数)一つ一つは、個々の係数(量子化マトリクスと呼ばれる数値群)で除算される。52次元DCTで変換した周波数成分(DCT係数)のうち、高い周波数成分に対して人間の視覚が鈍感であり、高い周波数成分を大きな値の係数(量子化マトリクスと呼ばれる数値群)で除算することで数値が間引かれる。これが画像信号のデータ圧縮の原理である。

答え:3


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 平成29年(2017)年07月期 無線工学A A-02

  2. 平成28年(2016)年07月期 無線工学A A-02

  3. 平成27年(2015)年07月期 無線工学A A-03

  4. 平成26年(2014)年01月期 無線工学A A-03

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次