試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

平成31年(2019)年01月期 無線工学A A-09

平成31年(2019)年01月期 無線工学A A-09

A−9次の記述は、AM(A3E)スーパヘテロダイン受信機において生ずることのある、相互変調及び混変調による妨害について述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。(1)妨害波の周波数がf1〔Hz〕及びf2〔Hz〕のとき、回路の非直線性によって生ずる周波数成分のうち、2f1−f2〔Hz〕及び2f2−f1〔Hz〕は、Aの相互変調波の成分である。ABC(2)混変調による妨害は、受信機に希望波及び妨害波が入力されたとき、回路の非直線動作13次抑圧fd±fmによって妨害波の変調信号成分で希望波の搬送波がBを受ける現象である。23次変調fd±fm(3)希望波の搬送波の周波数がfd〔Hz〕、妨害波の搬送波の周波数がfu〔Hz〕、妨害波の変33次抑圧fd±fu調信号の周波数がfm〔Hz〕及び妨害波の側波帯成分の周波数がfu+fm〔Hz〕のとき、混42次変調fd±fu変調積の周波数成分C〔Hz〕によって混変調による妨害が生ずる。52次変調fd±fm

答え:2


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 平成30年(2018)年01月期 無線工学A A-09

  2. 平成28年(2016)年01月期 無線工学A A-09

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次