試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

平成31年(2019)年01月期 無線工学A A-07

平成31年(2019)年01月期 無線工学A A-07

A−7次の記述は、FM(F3E)受信機のスレッショルドレベルについて述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。ただし、受信機の内部雑音電力をpni〔W〕、スレッショルドレベルをpth〔W〕とし、log102=0.3とする。(1)受信機復調出力の信号電力対雑音電力比(S/N)は、受信入力(搬送波)のレベルを小さくしていくと、あるレベル以下で急激に低下し、AM(A3E)よりかえって悪くなってしまう。スレッショルドレベルは、そのときのAレベルをいう。ABC(2)スレッショルドは、搬送波の尖頭電圧と雑音の尖頭電圧が等しく1受信入力pth=8pni9なる点であり、それぞれの実効値をEC及びENとすると2受信入力pth=2√2pni6EC/EN=4/√2であるから、pniとpthとの関係はBとな3受信入力pth=2√2pni9る。この関係から搬送波電力対雑音電力比(C/N)が約C〔dB〕4復調出力pth=8pni9以下になるとS/Nが急激に低下することがわかる。5復調出力pth=2√2pni6

答え:1


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 平成29年(2017)年01月期 無線工学A A-08

  2. 平成28年(2016)年01月期 無線工学A A-08

  3. 平成26年(2014)年07月期 無線工学A A-08

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次