試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

平成30年(2018)年07月期 無線工学A B-03

平成30年(2018)年07月期 無線工学A B-03

B−3次の記述は、回路網の特性を測定するためのベクトルネットワークアナライザの基本的な機能等について述べたものである。このうち正しいものを1、誤っているものを2として解答せよ。ア回路網の入力信号、反射信号及び伝送信号の振幅と位相をそれぞれ測定し、Sパラメータを求める装置である。イ回路網のhパラメータ、Zパラメータ及びYパラメータは、Sパラメータから導出して得られる。ウ回路網の入力信号の周波数を掃引し、各種パラメータの周波数特性を測定できる。エ回路網と測定器を接続するケーブルなどの接続回路による測定誤差は、測定前の校正によっても補正することはできない。オ回路網の入力信号と反射信号の分離には、2抵抗型のパワー・スプリッタが用いられる。

答え:1,1,1,2,2


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 平成29年(2017)年07月期 無線工学A B-03

  2. 平成28年(2016)年07月期 無線工学A B-03

  3. 平成26年(2014)年07月期 無線工学A A-17

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次