試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

二陸技 令和3年(2021)年01月期 無線工学の基礎 B-03

二陸技 令和3年(2021)年01月期 無線工学の基礎 B-03

次の記述は、熱電現象について述べたものである。このうち正しいものを1、誤っているものを2として解答せよ。アゼーベック効果による起電力の大きさは、導体の材質が均質であるならば、導体の長さには影響されない。イペルチエ効果により熱の吸収が生じている二種類の金属の接点は、電流の方向を逆にしても熱の吸収が生ずる。ウ温度測定に利用される熱電対は、ペルチエ効果を利用している。エエジソン効果による熱の発生又は吸収は、温度勾配がある導線に電流を流すときに生ずる。オ電子冷却は、ペルチエ効果を利用できる。

答え:1,2,2,2,1


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 二陸技 令和5年(2023)年01月期 無線工学の基礎 B-03

  2. 平成29年(2017)年01月期 無線工学の基礎 B-03

  3. 平成28年(2016)年01月期 無線工学の基礎 B-03

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次