試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

平成26年(2014)年07月期 無線工学の基礎 B-03

平成26年(2014)年07月期 無線工学の基礎 B-03

B–3次の記述は、ダイオードについて述べたものである。内に入れるべき字句を下の番号から選べ。(1)発光ダイオードは、PN接合にア方向電流が流れているときに発光する性質を利用し、表示装置等に用いられる。(2)ホトダイオードは、PN接合のイを使用し、光電変換素子として用いられる。(3)ツェナーダイオードは、PN接合に逆方向電圧を加えて使用し、ウ素子として用いられる。(4)バラクタダイオードは、PN接合の障壁容量が電圧で変化することを利用し、可変エ素子として用いられる。(5)ガンダイオードは、ガン効果(電子遷移現象)を利用し、オの発振素子として用いられる。1順2ホール効果3定電流4抵抗5低周波6逆7光起電力効果8定電圧9静電容量10マイクロ波(SHF帯)

答え:1,7,8,9,10


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 二陸技 令和5年(2023)年07月期 無線工学の基礎 B-02

  2. 二陸技 令和5年(2023)年07月期 無線工学の基礎 A-19

  3. 二陸技 令和5年(2023)年07月期 無線工学の基礎 A-16

  4. 二陸技 令和5年(2023)年07月期 無線工学の基礎 A-08

  5. 二陸技 令和5年(2023)年07月期 無線工学の基礎 A-03

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次