試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

平成26年(2014)年01月期 無線工学の基礎 A-02

平成26年(2014)年01月期 無線工学の基礎 A-02

A–2次の記述は、図に示すように、同一平面上で平行に間隔をr〔m〕離して真空中に置かれた無限長の直線導線X、Y及びZに、同じ大きさで同一方向に直流電流I〔A〕を流したときに、Yが受ける力について述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。ただし、真空の透磁率を4π×10〔H/m〕とする。-7(1)XとYの間には、A力が働き、その長さ1〔m〕当たりの力の大きさFXYは、次式で表される。FXY=(2×B-7)×10〔N/m〕(2)ZとYの間にも同様の力が働き、1〔m〕当たりの力の大きさは、FXYと同じである。(3)したがって、Yが受ける1〔m〕当たりの合成力は、力の方向を考えると、C〔N/m〕である。1A反発BI2/rC2FXYXIr2反発I2/r20YI34吸引吸引I/rI2/r02FXYZIr5吸引I2/r20

答え:4


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 二陸技 令和4年(2022)年07月期 無線工学の基礎 A-02

  2. 令和元年(2019)年07月期 無線工学の基礎 A-02

  3. 平成28年(2016)年07月期 無線工学の基礎 A-03

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次