試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

二陸技 令和5年(2023)年01月期 無線工学B A-19

二陸技 令和5年(2023)年01月期 無線工学B A-19

次の記述は、図に示す構成によりマイクロ波のアンテナの利得を測定する方法について述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。ただし、各アンテナの損失は無視し、基準アンテナと被測定アンテナは同じ位置に置くものとする。なお、同じ記号の内には、同じ字句が入るものとする。(1)絶対利得Gt(真数)の送信アンテナから送信電力Pt〔W〕を送信したとき、距離d〔m〕離れた受信点での電波の電力束密度pは、次式で表される。p=A〔W/m2〕・・・・・・①(2)スイッチSWを基準アンテナ側にして受信電力Ps〔W〕を測定する。基準アンテナの絶対利得及び実効面積をそれぞれGs(真数)及びS〔m2〕、波長をλ〔m〕とすれば、式①から、Psは、次式で表される。Ps=Sp=λ4π2Gsp=B×GsGtPt〔W〕・・・・・・②(3)SWを被測定アンテナ側にして受信電力Px〔W〕を測定する。被測定アンテナの利得をGx(真数)とすれば、式②と同様に、Pxは、次式で表される。Px=B×GxGtPt〔W〕・・・・・・③(4)式②と③から、Gx=Cとなり、被測定アンテナの利得が測定できる。ABCGtPt2(4πdλ)2GPs送信アンテナG基準アンテナtPt2(4πdλ)2GxsPPx送信機PtGtsPsSWレベル計t2Pt14π(dλ)2GPssPx受信機tP2t(2πdλ)2GPxsdGx被測定アンテナPt(λ)2GxsPx

答え:2


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 二陸技 令和2年(2020)年11月期 無線工学B A-19

  2. 平成28年(2016)年07月期 無線工学B A-18

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次