試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

二陸技 令和3年(2021)年01月期 無線工学B B-04

二陸技 令和3年(2021)年01月期 無線工学B B-04

次の記述は、マイクロ波(SHF)帯の伝搬について述べたものである。内に入れるべき字句を下の番号から選べ。(1)降雨による減衰は、電波が雨滴にあたり、そのエネルギーの一部がアや散乱されることによって生ずる。(2)伝搬路が長いほど、フェージングの発生頻度とイがともに大きくなる。また、伝搬路の平均地上高がウほどフェージングは大きくなる。(3)地理的な条件による例外を除いて一般にエの日の深夜又は早朝に顕著なフェージングが多く生ずる。(4)ラジオダクトが発生すると、電波はあたかも導波管内を進むようにラジオダクト内に閉じ込められてオを繰り返しながら遠距離まで伝搬することがある。

答え:1,7,8,4,5


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 二陸技 令和5年(2023)年07月期 無線工学B B-04

  2. 平成30年(2018)年01月期 無線工学B B-04

  3. 平成27年(2015)年01月期 無線工学B B-04

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次