試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

二陸技 令和3年(2021)年01月期 無線工学B A-19

二陸技 令和3年(2021)年01月期 無線工学B A-19

次の記述は、自由空間において十分離れた距離に置いた二つのアンテナを用いてアンテナの利得を求める方法について述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。ただし、波長をλ〔m〕とし、アンテナ及び給電回路の損失はないものとする。(1)利得がそれぞれG1(真数)、G2(真数)の二つのアンテナを、距離d〔m〕ABCだけ離して偏波面をそろえて対向させ、その一方のアンテナへ電力P〔W〕4πd2λ2Pt(2)(3)電力がPGr2P=r=GP1tPG次式によって求められる。Gr21Pt×次式によって求めることができる。×BA一方のアンテナの利得が既知のとき、例えば、〔W〕であると、次式が成り立つ。両方のアンテナの利得が等しいときには、それらをを加えて電波を送信し、他方のアンテナで受信したときのアンテナの受信G1PtとPrが既知であれば、の測定値から、tG2は、λλλ4πd4πd4πd4πd)))))2222(((((λλλλ4πd4πd4πd4πd)4πd))))2222√√√√√PPPPPPPPPtrtttrrrrG1=G2=λ4πd×C

答え:5


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 二陸技 令和4年(2022)年07月期 無線工学B A-20

  2. 平成31年(2019)年01月期 無線工学B A-18

  3. 平成29年(2017)年07月期 無線工学B A-18

  4. 平成28年(2016)年01月期 無線工学B A-19

  5. 平成26年(2014)年01月期 無線工学B A-19

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次