試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

二陸技 令和5年(2023)年07月期 無線工学A A-18

二陸技 令和5年(2023)年07月期 無線工学A A-18

次の記述は、法令等で規定されたSSB(J3E)送信機の搬送波電力(本来抑圧されるべきもの)の測定法の概要について述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。なお、同じ記号の内には、同じ字句が入るものとする。(1)測定構成を図に示す。(2)SSB(J3E)送信機を指定のチャネルに設定する。(3)変調は、Aの1,500〔Hz〕によって空中線電力を定格電力の80〔%〕に設定する。(4)所定の条件により設定したBを掃引し、画面に上側波帯電力と搬送波電力を表示して、それぞれの電力(dBm)を測定する。測定結果として、測定した上側波帯電力と搬送波電力の差を求め、その差が40〔dB〕以上あることを確認する。B低周波SSB(J3E)擬似負荷発振器送信機(減衰器)分岐器高周波電力計

答え:4


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 二陸技 令和3年(2021)年07月期 無線工学A A-18

  2. 平成30年(2018)年01月期 無線工学A A-17

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次