試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

二陸技 令和5年(2023)年07月期 無線工学A A-13

二陸技 令和5年(2023)年07月期 無線工学A A-13

次の記述は、パルス振幅変調(PAM)及びパルス幅変調(PWM)について述べたものである。このうち誤っているものを下の番号から選べ。ただし、変調信号は、アナログの音声信号とする。信号又はPWM信号を振幅の直線性が悪い増幅器で増幅したとき、復調した信号にひずみを生じやすいのはPWM信号であは、変調信号の振幅に応じてパルスの振幅が変化する。は、変調信号の振幅に応じてパルスの幅が変化する。信号は、低域フィルタ(LPF)を用いて復調することができる。信号は、低域フィルタ(LPF)を用いて復調することができる。

答え:1


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 二陸技 令和3年(2021)年01月期 無線工学A A-14

  2. 平成30年(2018)年01月期 無線工学A A-14

  3. 平成28年(2016)年01月期 無線工学A A-14

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次