試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

二陸技 令和5年(2023)年07月期 無線工学A A-07

二陸技 令和5年(2023)年07月期 無線工学A A-07

次の記述は、デジタル信号の復調(検波)方式について述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。(1)一般に、搬送波電力対雑音電力比(C/N)が同じとき、理論上では同期検波は遅延検波に比べ、符号誤り率がA。(2)遅延検波は、1シンボルBの変調されている搬送波を基準信号として位相差を検出する方式である。(3)同期検波は、受信信号から再生したCを基準信号として用いる。

答え:3


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 二陸技 令和2年(2020)年11月期 無線工学A A-05

  2. 平成31年(2019)年01月期 無線工学A A-04

  3. 平成29年(2017)年07月期 無線工学A A-05

  4. 平成26年(2014)年07月期 無線工学A A-06

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次